散骨のお申込みについて


NPO法人 ヒーリング 散骨相談

「お墓がない」「お墓の場所が遠い」「遺骨の保管場所がない」等の理由で、遺骨を納骨しない場合には、散骨に必要な分の遺骨のみを火葬場で受け取ることができます。 

必ずしも骨壺である必要はなさそうですが、火葬直後の遺骨は大変熱くなっています(火葬時の温度は、800°~1200°と言われています)ので、熱に強い容器が必要です。

残りの遺骨は火葬場指定の共同墓地に埋葬されます。(自治体によって対応は異なります。お住まいの地域の火葬場等にご相談・ご確認下さい。)

 

※遠方の方は、散骨のお申込書等は郵送でお送り致します。

※ご不明な点、ご相談はお電話(096-288-2679)にて受付しておりますので、お気軽にどうぞ!

 

【注意】既に納骨を済ませてある遺骨を散骨する場合は、改葬許可申請が必要になります。

お申込みの手順

NPO法人 ヒーリング 散骨申込流れ
(1) 電話またはメールでお問合せください。
TEL:096-288-2679
FAX:050-3156-3969
メール info@npo-healing.org
ホームページ(申込フォーム)
  • ◎遠方の方の場合、ご連絡頂くと「申込書類」やお骨の送り方などのご案内を郵送します。また分骨の場合は、専用壺も一緒にお送りしますので、ご返送下さい。
  • ◎お近くの場合、当法人スタッフがお伺いしてご説明いたします。
  • ◎当法人の散骨専用地以外での散骨希望(山か海か等)も事前にご相談下さい。
(2) お申込内容確認
電話で申込者ご本人様と日程や条件(参加人数や遺骨の数)などの確認を行い、お見積書を提出致します。
(3) お支払・作業の開始
お見積りの内容をご了承頂いたら、3日以内のお振込、その確認後、粉骨作業(遺骨の粉末化)を実施。
  • ◎ご遺族同行での散骨(散灰)はご希望日、悪天候の場合再度ご相談のうえ実施となります。
  • ◎当日、集合場所で合流します。
  • ◎ご依頼の山野散骨は、毎月1日か15日の晴天時に実施。
  • ◎ご依頼の海洋散骨は、遺骨受領後40~60日以内に実施。
(4) 散骨(散灰)の実施
実施後、散骨証明書を発行します。

散骨お申込みの前に、下記リンク先をご一読ください。



親族「同行」で散骨

  1. 「(A)山野散骨」か「(C)海洋散骨」を決めます。
  2. ご親族やご友人様が数人で散骨現場に行き実施する散骨です。(スタッフがエスコートします。)
  3. 充分なヒヤリングと打合せをして日時、集合場所などを決めて行きます。
  4. ご準備頂く物は、故人がお好きだったお飲み物や音楽CD、遺影(お写真)だけです。
  5. 普段着の格好で、スニーカーなどが良いでしょう。
  6. 施行後、散骨証明書が発行されます。

当法人に「委託」で散骨

  1. 「(B)山野散骨」か「(D)海洋散骨」を決めます。
  2. お申込時点で当法人に散骨を委託して頂き、ご家族等の同行はありません。当法人スタッフが現場に行き実施する散骨です。
  3. (B)は毎月、平日の1日と15日でお天気の良い日、(D)は受付後60日以内の実施となります。
  4. 実施前日にお申込者へご連絡申し上げます。
  5. 施行後、散骨証明書が発行されます。

【祭祀承継者】 とは、法律用語(民法897条)です。

 一般的には「喪主」となる方でを指しますが、少し詳しくご説明致します。

 祭祀承継者とは、祭祀財産である系譜(家系図)祭具(仏像、位牌、仏壇、神棚、霊位、十字架、墳墓遺骨など)を承継し、年忌法要等の管理や主催をする者のことです(民法897条)。但し、遺産ではないので相続にはあたりません。従って相続税はかかりません。

 ・「系譜(家系図)」とは、歴代の家長を中心に祖先伝来の家計を表示するものを指します。

 ・「祭具」とは、祖先の祭祀や礼拝の用に供される物を指します。

 ・「墳墓」とは、遺体や遺骨を葬っている土地に付着した設備(墓石・墓碑などの墓標や土倉の場合の埋棺など)を指します。更に墓地の所有権や墓地の使用権も、祭祀財産に含まれるものと考えられています。

 ・「遺骨」についても、祭祀主宰者に帰属するというのが判例があるようです。


必要書類について (A・B・C・D共通)

NPO法人 ヒーリング 散骨 火葬証明書

①「死体火葬許可証・火葬証明」×1枚(コピー可) 

 ※火葬後1年以内の遺骨の場合。
 ※参考写真:自治体によって異なります。

散灰の申込書(お電話でお申込下さい。郵送でお送りします。) 

③申込者(祭祀承継者)の身分証明書 (本人と判明出来る写真付のもの)1枚(カラーコピー)。

 

※ご不明な点などがございましたら、お電話(096-288-2679)または「お問合せフォーム」からお気軽にご相談下さい。

 

※本書は、必須(必ず必要)ではありません。特に廃墓(墓じまい)など数十年を経過した遺骨の場合、本書は不要です。申込者との関係を明確に出来る身分証明書のみで結構です。