散骨の生前予約とは

NPO法人 ヒーリング 散骨を生前予約する

ご自身に何かあった場合、大切な家族に迷惑をかけられない!と考える方がご自身で散骨のご予約をされることを言います。

慰霊を前にし、故人の葬送についてもめるようなことが数多くあるようです。 生前予約をしておくことで、ご家族に心(気持ち)に負担をかけずに済みます。 また、次のような事情の方々もご利用されています。

  • 先祖代々のお墓はあるが、自分自身は山に散骨(散灰)してほしい。
  • お墓が遠いので、お墓参りが大変だから自然に還る方法で散骨(散灰)してもらいたい。
  • お墓を守っていくのは子供達や家族だが、大変だと思うし迷惑はかけたくないから。
  • 子供は皆、嫁いでいるので手間を掛けたくない。
  • そもそもお墓が無いし、身内も少ないので迷惑かけれない。


・・・等々、様々な方々のご予約を承っております。


注意事項

NPO法人 ヒーリング 散骨の注意事項

散骨の生前予約は当方指定の書類をご用意しております。ご本人様が「予約者」で祭祀承継者が「申込者」となってご署名・ご捺印をお願いしています。

 

 予約者であるご本人様のご意思と散骨を執り行う申込者(祭祀承継者)のご意思が同一であることが重要です。 しかし実際に実行するか、しないかは、ご本人死亡後では申込者(祭祀承継者)の意思で決定されます。

 

 ご家族でよくお話し合いのうえ当方にご相談下さい。

 

※予約時点で予約者がNPOの自然散骨賛助会員になって頂くことが必須ですので、入会金20,000円(1年分)が必要です。

※予約者死亡後、申込者によって書類の手配、遺骨の受け渡し、費用のお支払等をして頂きます。

 (但し、予約者が予約時点で事前にお支払される場合もあります。 残った者に負担掛けたくないとの理由です。ぜひ、ご相談下さい。)

※個人情報保護に関する法律に基づき、本件で知り得た個人情報は、本件以外に使わず適正に保管管理致します。

※お申込み後、お客様のご家族・ご親族間でのトラブルにつきましては、当法人は一切介入致しません。


生前予約の流れ

基本的なご契約が必要です。メール・電話・郵送・面会等によるやり取りで進めます。

 ①生前予約の申込

 ↓

 

②資料と書類の送付・ご説明

 ↓

 

③ご理解・ご承諾

 ↓

 

④生前契約書に署名・捺印→書類送付→⑤受付(生前の予約は、受付のみで終了です。)

 ↓

 

⑥本人死亡後、速やかに(可能なら火葬前に)申込者が当方に連絡→書類の提出。(埋葬許可証など)

 特にお墓が無いとか、遠いとかの場合、散骨(散灰)に必要な遺骨のみを火葬場で受取ることができます。

 ↓

 

⑦代金の支払い→契約完了→散灰までの打合せ。→粉骨(遺灰化)

 ↓

 

⑧散骨(散灰)の実施。



生前予約の必要書類について(一柱分)

①生前予約申込書(ダウンロードして下さい。)

②申込者(祭祀承継者)の身分証明書 (本人と判明出来る写真付のもの)1枚(カラーコピー)。

★ご予約者が死亡後 「死体火葬許可証・火葬証明」×1枚(コピー可)

NPO法人 ヒーリング 散骨に必要な書類

※生前予約のお申込等の書類は、郵送申し上げます。事前にお電話(096-288-2679)でご相談下さい。

 

▼親族のご遺骨を自宅で保管されたままの方で、住民税が課税されていない方はご相談下さい。特別支援価格で山野散骨が可能です。

▼自然災害によるお墓の破損で、ご遺骨の保管に苦慮されている方はご相談下さい。災害支援割引で散骨が可能です。