遺骨の粉末化(粉骨・パウダー状)について

※粉骨(パウダー状)の作業のみをご希望の方は、まずお電話(096-288-2679)でご相談下さい。資料を郵送致します。

ご遺骨をパウダー状にしたいというお問合せが増えております。 

代表的な理由として、 

「遺骨をパウダー状にすることで、骨壺よりスペースを取らずに自宅で手元供養ができるから」

「パウダー状にしておくと、いつでも散骨出来る」

という回答が寄せられました。


粉骨(パウダー状)だけのご依頼

【受渡し可能な地域の場合】

粉骨作業代(パウダー状):お骨壺1つ=25,000円(税別)

 

  • お申込書にご記入後、ご入金下さい。
  • お骨壺の大きさは関係ありません。
  • パウダー状にしてお返しする場合、PP袋に入れ箱でお返しします。
  • 納期は約15日後にお届けとなります。

【遠方から、ご依頼の場合】

粉骨作業代(パウダー状):お骨壺1つ・返送作業費=30,000円(税別)

 

  • お申込書にご記入後、ご入金下さい。
  • お骨壺の大きさは関係ありません。
  • お骨壺は、「ゆうパック」でお送り下さい。(壺サイズ、重量、距離に応じて送料が異なる場合があります。)
  • 送料は、送り主様のご負担となります。
  • パウダー状にしてお返しする場合、PP袋に入れ箱でお返しします。
  •  納期は約15日後に返送となります。


【祭祀承継者】 とは、法律用語(民法897条)です。

 一般的には「喪主」となる方でを指しますが、少し詳しくご説明致します。

 祭祀承継者とは、祭祀財産である系譜(家系図)祭具(仏像、位牌、仏壇、神棚、霊位、十字架、墳墓遺骨など)を承継し、年忌法要等の管理や主催をする者のことです(民法897条)。但し、遺産ではないので相続にはあたりません。従って相続税はかかりません。

 ・「系譜(家系図)」とは、歴代の家長を中心に祖先伝来の家計を表示するものを指します。

 ・「祭具」とは、祖先の祭祀や礼拝の用に供される物を指します。

 ・「墳墓」とは、遺体や遺骨を葬っている土地に付着した設備(墓石・墓碑などの墓標や土倉の場合の埋棺など)を指します。更に墓地の所有権や墓地の使用権も、祭祀財産に含まれるものと考えられています。

 ・「遺骨」についても、祭祀主宰者に帰属するというのが判例があるようです。