山か海を選べる散骨 NPO法人ヒーリング

大いなる自然、それは永劫(とわ)なる循環(くりかえし)

熊本は、山は阿蘇、海は天草という自然に恵まれた地域です。このふたつの地域はいずれも世界的に知られた観光地であり、また歴史的にも大変有名な地域です。

 

その熊本において、私たちNPO法人ヒーリングでは、「山」か「海」かを選んで「散骨」頂ける全国でも稀な活動をしています。まず山での散骨は、広大な草原を所有する地主様のご理解とご承諾を得た「当法人の散骨専用地」で行い、次に海洋での散骨は、漁場区域や養殖区域のない海域まで移動して行っております。

 

散骨は、きわめて精神的で心情的にも大変デリケートな行為です。そして、法的にも明確な規定がないので一層、地元や周辺の方々への配慮が不可欠です。 これまで、一部の配慮や節度を欠いた行動が起きた結果、その土地での風評被害が発生し、その結果、条例で散骨そのものが規制された地域があります。

 

NPO法人ヒーリングでは、こういったことを防ぐ為に、法と倫理的なルールに基づいた節度ある散骨についての啓もうと、散骨に関する情報提供を、毎月無料で開催しているセミナーで行っております。

 

 

故人が好きな場所だったから、その場に行ってこっそり散骨する・・・

 

 

いくら故人の思い出の場所だからと、無許可で散骨をするということは本当に亡くなられた人(故人)の尊厳を考えていると言えるでしょうか? 見送る側も安らかな気持ちては程遠いものではないでしょうか?

 

私たちは何よりも「故人の尊厳」を大切にし、ご家族の心も穏やかであるようにしたいと願ってこの活動を行っております。 皆様方のご理解とご支援を、よろしくお願い申し上げます。

 

  • 遺骨の一部を散骨される方、すべてを散骨される方、あくまでも故人やご遺族の意向に添って実施させて頂きます。
  • 宗教的な儀式やセレモニーは行いません。 実施する人も自然体で無垢な思いで行うことが望ましいと考えています。
  • 純粋に故人が自然に還ることのみを祈り実施します。
ダウンロード
墓じまいの手順170227.pdf
PDFファイル 163.0 KB

NPO法人 ヒーリング 散骨専用地

「山」での散骨:(A)(B)

パウダー状にしたご遺骨を「山野に散骨」します。NPO法人 ヒーリングの散骨専用地でのみの実施で指定された場所に車を駐車して、船の場合と同様に専用の車両で散骨専用地まで移動して実施致します。


・散骨後の参拝者のためのレストハウスに慰霊の「鐘」を設置していますので、いつでも参拝できます。

NPO法人 ヒーリング 散骨専用地

「海」での散骨:(C)(D)
パウダー状にしたご遺骨を「海上に散骨」します。養殖や漁、観光などに影響を及ぼさない海域までチャーター船で移動し実施致します。


 一般的に「散骨」というと、焼いた骨をそのまま撒くようなイメージがあります。

また、火葬されたお骨を「焼骨」と言ったり「遺灰」と言ったりすることがあります。

散骨を行う場合、火葬されたお骨を細かくパウダー状に砕いた「粉骨(ふんこつ)」したものを山や海に撒くことを「散灰」=「散骨」といいます。 

 

このことで最終的に自然界に融合されていくのです。 従って私たちは、「散骨」または「散灰」と表現しています。故人の最後の希望である「自然に還る」ことを心底より願うものです。

 


NPO法人 ヒーリング 終活&散骨セミナーちらし

「山」「海」での散骨、ペットの散骨をお考えの方は、まずご相談下さい。また毎月無料で「終活&散骨セミナー」を開催していますので、熊本県近隣の散骨をお考えになっている皆様は、是非一度お運び下さい。

 

詳しくは >>こちら<<

 

【セミナーの後援】

RKK(熊本放送)FMK(エフエム熊本)FM791(熊本シティエフエ)NHK熊本放送局熊本市KAB(熊本朝日放送)KKT(熊本県民テレビ)TKU(テレビ熊本)。(50音順)

ダウンロード
2017年8月~12月まで開催セミナーチラシ
終活&散骨セミナー8月-12月チラシ.pdf
PDFファイル 801.2 KB

これまでの「セミナーチラシ」

▼① 2016年10月開催のセミナー告知のチラシ。

▼② 2016年11月~2017年3月まで開催のセミナー告知のチラシ。

▼③ 2017年4月~7月まで開催のセミナー告知のチラシ。